個別指導塾の若い先生が、娘の中学受験成功のキーマンです

私には娘がいるのですが、その娘が中学受験をして近所の私立中学に通いたいと言い出しました。理由は簡単で近所の良く遊んでくれたお姉さんがその中学に通っており、お姉さんの大ファンの娘がとても憧れているからでした。
理由が理由だけに長続きするのか疑問でしたが、夫もやるだけやってみればいいというスタンスでしたので、個別指導塾に通わせることを決めました。集団指導の塾ではなく個別指導塾を選んだのは、ムラっ気の多い娘を上手く導いてくれると思ったためです。元より周りに気が散ってしまうといつまでも集中できない娘ですので、この選択はとても合っていたようでした。
そしてもう一つこの個別指導塾で良かったと思う理由は、この塾に若い大学生達がサポーターとして子供たちのフォローをしてくれる制度があったためです。先生が忙しい時に勉強を見てくれたり相談に乗ってくれるのですが、娘はこの中のカッコイイお兄さんに、すっかり惚れてしまったのです。先生に恋することが成績上昇の一番の早道などと言いますが、娘の中学受験成功の秘訣はまさにこれで、お兄さんに褒められたいがため頑張った娘の成績は、親でも呆れるほど上昇しました。
王道ではありませんが長い中学受験を闘いきるためには、憧れの先生を身近に設定するというのも有効なのだと思います。