中学受験、個別指導塾という選択肢も有効です

我が家には二人の男の子の子供がいるのですが、長男が中学受験をしたこともあり、次男も同じ道を選びました。しかしお調子者で要領の良い長男が楽々と合格したせいもあるのですが、中学受験がそれほど困難だと知らなかった次男は大苦戦をしてしまいました。
その要因を親子そろって毎晩考えたのですが、どうやら次男は周りにライバルがいると気が散ってしまうタイプらしいということが分かりました。目に見えるところでライバルが居る方が学習意欲に繋がるのではないかと思うのですが、次男にとってはそうではなかったようです。むしろ他の子が何をしているのかを気にするあまり、勉強が手につかないようでした。
そこで行ったのが、個別指導塾への切り替えです。先生と一対一で教えてもらえる個別指導塾ならば、他の子を気にすることなく自分の勉強に集中することが出来ます。これが次男にはとても良かったようで、今までほとんど変化がなかった成績が見る見るうちに上昇して行きました。
中学受験に正解の方法はありませんので、何か上手くいかないと思った時には、個別指導塾や家庭教師などの選択肢も柔軟に子供に提示してあげることが大切だと思います。子供に合う方法を用意してあげることが、受験成功への近道です。